読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOSEIのブログ

自分の可能性をどこまでも

先生は神様

僕は教育とは自分が教師で自分が生徒だと思っています。

さて僕の手元には「エンリーコの学校」という本があります(パオロ・マンテガッツァ著)。これは日本神智学協会ニッポンロッジの関係者であればご存知の「三浦関造」先生の名訳です。非常に示唆に富んだ本ですので、一読をオススメします。その内容からちょっと抜粋してみましょう。

 ///////////////////////////////////////////////////////////////

おじさんとエンリーコの対話:おじさんが主人公エンリーコに話しかけています。

「いいかい。お前は学校の机と椅子と教科書を忘れるがいい。これからは、庭の石や海岸の岩がお前の椅子のかわりをしてくれる。そしてこのわしが、お前の先生となろう。わたしは、ものを暗記するような勉強はさせない。お前は値打ちのある人間にならなくてはいかん。値打ちのある人間になるには、教科書にしがみついていてもだめだ。お前は立派な二つの目を持っている。その目で世界を見ていかなくてはならん。またお前は立派な心を持っている。その心で考えていかなければならん。そうすれば、お前は立派な人間になれる。 

わしはまだ読み書きも、ろくすっぽできない頃から船に乗ってボーイをしていた。わしは子供の時から、なんにも人に教えてもらわず、自分の目で見て、自分の心で考えてきた。わしの知識も財産も、この別荘も、みんな自分でつくりあげたのだ。だからと言って、わしはお前に学校の先生や教科書を嫌いになれと言うのじゃない。しかしな、学校の先生も学校の教科書も、教えることが出来ない世界があるんじゃ。

お前はそういった世界を自分で学んでいかなくてはならん。本当に有益で確かな知識は、その世界で学べるのだ。

 ///////////////////////////////////////////////////////////////

僕は教育とは自分が教師で自分が生徒だと思っています。なぜならば人の中に眠る神が先生で、まだ神でない自分が生徒で、まだ神でない自分が、自分の中に眠る神から導いていかれるから人間の教師は必要ないのです。この本に登場するおじさんはエンリーコ少年の心の中の神が現出したものでしょう。

 ★

アメイジング・グレイス。僕は自分の葬式にはこれをうたって欲しいなと思ってます。↓↓↓↓↓

https://www.youtube.com/watch?v=5giru8UIEeQ