読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOSEIのブログ

自分の可能性をどこまでも

アンブロシアーノ銀行

< アンブロシアーノ銀行( Banco Ambrosiano ) > 2016/01/27

イタリアに存在した銀行

バチカンの主力行

1896年にミラノで設立された。その後バンカ・ナツィオナーレ・デル・ラヴォーロ (BNL) の子会社となり、カトリック教徒の使徒座バチカン資金調達と管理を行う宗教事業教会(Istituto per le Opere di Religioni/ IOR、「バチカン銀行」とも呼ばれる)の資金調達と資産運用を行う主力行となった。

ヨハネ・パウロ1世「暗殺」

1975年に頭取に就任したロベルト・カルヴィと、サルヴァトーレ・リイナやヴィト・ジェノヴェーゼなどのイタリア、アメリカの両国のマフィアとの関係が深く、自らもマフィア関係者と目されていた、ミラノのプライベートバンクの頭取であるミケーレ・シンドーナ、そしてバチカン銀行総裁でアメリカのシカゴ出身のポール・マルチンクス大司教らが、アンブロシアーノ銀行からバチカン銀行を通じてマフィア絡みのマネーロンダリングや不正融資を行っていたことから、1978年8月に法皇に就任したヨハネ・パウロ1世は、バチカン銀行の改革を表明していた。

しかし、ヨハネ・パウロ1世が法皇就任後わずか33日で逝去したため、バチカン銀行の改革と自らの追放を恐れたマルチンクス大司教が、ヨハネ・パウロ1世を「暗殺」したのではないかと噂された。

なお、マルチンクス大司教はアメリカ在住時から、フリーメイソンの「ロッジP2(Propaganda Due)」の会長で、イタリアの極右政党やCIA、さらにアルゼンチンのファン・ベロン大統領などとの関係が深かったリーチオ・ジェッリ会長や、同ロッジのメンバーでもあったシンドーナやカルヴィ頭取、そしてマフィア関係者との不明朗な関係が噂されていた。

破綻とカルヴィ頭取暗殺

実際に、ヨハネ・パウロ1世の死後もバチカン銀行と同行の関係は変わらず続き、その結果同行は1982年に、10-15億米ドルに上ると言われる使途不明金を抱え破綻した。しかも、カルヴィ頭取が、破綻直後に逃亡先のイギリスのロンドンで暗殺されたため、イタリアの政財界を巻き込む大スキャンダルとなった。

なお、この事件に先立つ1979年には、バチカン銀行とアンブロシアーノ銀行の関係と、その投資内容を調査していたイタリア警察の金融犯罪担当調査官のジョルジョ・アンブロゾーリが自宅前で銃撃され暗殺されている他、カルヴィが殺された同月の1982年6月には、アンブロシアーノ銀行の歴代頭取の秘書を勤めていたグラツィエラ・コロケルも投身自殺したとされる。

また、その後の1986年3月21日には、アンブロゾーリ調査官の暗殺をマフィアに依頼したとして逮捕、投獄されていたシンドーナがイタリアの刑務所内で服毒自殺したが、他殺が疑われているなど、両行にまつわる不可解な暗殺事件が多発した。なお、カルヴィ暗殺事件は、「ロッジP2」のリーチオ・ジェッリ代表やマフィアの関与によるものとみられているが、事件後四半世紀経った現在も解決に至っていない。

その後

なお、1982年の同行破綻後に「新アンブロシアーノ銀行(英語版)」が設立されたものの、その後のバチカン銀行の資金調達と資産運用は、ロスチャイルド銀行とハンブローズ(英語版)などの他行に移された。

この様な大スキャンダルに見舞われたものの、バチカン銀行はその後も主要取引銀行を介して度々マネーロンダリングなどの違法な取引にかかわったと指摘されている。近年も2009年11月と2010年9月の2度に渡り、バチカン銀行とエットーレ・ゴッティ・テデスキ(イタリア語版)総裁が主要取引行の1つのクレーディト・アルティジャーノ銀行を介したマネーロンダリングを行ったとの報告を受けたイタリアの司法当局が捜査を行い、捜査の過程で2300万ユーロの資産が押収されている

KOSEI