読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOSEIのブログ

自分の可能性をどこまでも

中国面白体験記その12<公園の遊具>

<公園の遊具>  2016/02/14

 中国の公園には「遊具」が置いてあります。遊具というよりも身体を鍛えるトレーニング用の器具です。斜めになった腹筋台があるのでそこで腹筋を鍛えたり、また鉄棒があるのでそこで懸垂をしたり、回転する鉄の円盤があり、その上に乗って腰をひねったりします。このとき胸の辺りには手でつかまるパイプがあるので、手はそこを掴みながら腰を左右にツイストするわけですね。その他もろもろ結構バラエティーに富んだものが揃っています。公園なので誰でも無料で使えるわけです。結構な年配の方がすごい勢いで腹筋体操を何十回も繰り返しているのを見たことがありますが、あれにはビックリしました。

 日本の公園にはこのような遊具が置いてあることは少ないです。置いてあっても子供用の本当の遊具で大人は使えないものですね。日本では大人はカルチャーセンターへ通ったり、スポーツジムで汗を流すのです。もちろん高いお金を払って。

 これは健康と医療の考え方の違いに由来していると思います。日米欧は西洋医学中心ですね。西洋医療は確かに西洋の考え方に基づいて西洋で生まれ西洋で発達したので、西洋のほうが先進です。しかし中国には「中国医学」というモノがあります。これは「治未病」未だ病んでないものを治療する、つまり予防医学の考えが基本にあります。中国式に西洋医学を表現するのであれば「治既病」既に病んだものを治療する、とでもいいましょうか。なのでこの遊具は中国医学予防医学の考え方の一部ですね。

 あとは、最近日本でも知られてきました、踊るオバサン軍団ですね。公園の中で、あるいは団地やマンションの中庭で何十人かがグループになって音楽に合わせてダンスをするんですね。昔は大体ダンスのパターンは決まっていたのですが、最近は様々なものがあるようです。公園のパフォーマンスはグループだけではありません。個人でも好きなことをやっています。一人で太極拳をやっている人、剣舞をやっている人、気功をやっている人、その気功も体操のような気功をやっている人もあれば、樹木と気の循環をおこなう気功をやっている人もいます。とにかく千差万別、好き放題です。日本なら街中で何か変った行動をとると、たちまち周囲から奇異の眼で見られます。もちろん中国でも他の人がやっていないような変わった動きをすれば奇異の眼では見られます。しかし日本人は横目でこっそり奇異の眼で見るようですね、そして。なんらかの拍子に踊っている人と眼が合ったりするとあわてて目をそらすのです。「見てはいけないものを見てしまった」といったように。ところが中国は興味のある物に対しては正面から眼をそらさずにまっすぐ見ます。見ている人が興味がある場合は、その踊っている人との間にコミュニケーションが芽生えるのです。例えば剣舞であったとすると、「いやぁなかなかいいね! 何年ぐらい練習しているんですか?」とか・・・・。日本人にはこのセンスがなくて、全部カルチャーセンターといった公共の場でなら知り合いになるけれど、道端で踊っているような人は危ない人だから近づかない。公共任せですね。

 僕は数ヶ月前から友人から勧められてランニングを始めたのですが、中国で走るのもいいなと思いましたが、中国の空気汚染はもはや名物級なので、いま躊躇しているところです。でも今日このブログを書いていて思ったのですが、こういった公園であればいくらかでもオゾンがあるし、朝早ければ排気ガスも少ないから公園の中の中を走ろうかと思い始めました。

KOSEI