読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOSEIのブログ

自分の可能性をどこまでも

中国面白体験記その67<中国文化:中国秘密結社>

<中国文化:中国秘密結社>  2016/04/10

中国ではいまでも秘密結社が盛んとのことですが、それはナゼでしょう?王朝支配は終わりを遂げているし・・・、その理由はいまだに王朝や皇帝にとってかわる人たち(中国共産党)がいるからです。そのために農民一揆は頻繁に起きているのです。↓↓ [ これまでにも何度となく起こっては隠蔽されている中国の農民一揆。 ]

https://www.youtube.com/watch?v=PjIdYlZKOjw&feature=player_embedded#t=0

国際国家の仲間入りをしたい中国としては、何が何でも隠したいところですね。しかし一揆が起きるような国情をまず改善するべきでしょう。もちろん「言うは易く行うは難い」ですけれど。

ところで、中国の現代の皇帝に対抗する勢力があるということ知っていますか?それは「客家(はっか)」という勢力です。欧米系秘密結社も中国には入っていますが、人数的には一万人がいいところだそうですが、この客家の秘密結社の勢力は600万人もいます。しかも彼等客家は名前すらわからない状態で世界中に偏在しているようです。そのアジア系秘密結社は昨日のブログでも紹介しました「青幇(チンバン)」という秘密結社です。客家が青幇を組織したというのが本当のところらしいです。従来の欧米系の秘密結社の考え方ややり方が通用しなくなるともいわれていますが、たしかに頷けますね。

じつは欧米勢力にとって最大の脅威は中国なのですが、厳密に言えば中国の支配階級です。そして中国を支配しているのは、中国共産党ではなく客家(ハッカ)という勢力です。いま一時翳りがみえてきているものの、凄い勢いで成長を続けてきた中国ですが、ここまで経済成長できた裏には、秘密結社の存在があったからといわれています。昨日のブログにも書きましたが、中国は古くから秘密結社が盛んな国で、国を治める王が絶大な権力を持ち、それに抵抗する民たちは秘密結社を組織し地下に潜っていました。さきほどの農民一揆の映像を見ればいかに農民の不満が鬱積しているかがわかりますね。チャイニーズマフィアも秘密結社を由来するものがほとんどです。

中国の父とも言われる、かの「孫文(そんぶん)」も、革命を起こす際にいつも秘密結社に頼っていたそうです(彼はメイソナリーの会員でもありました)。中国共産党を支えているのは欧米の秘密結社ですが、客家パワーと比べると、またアングロサクソン周期説(千賀一生著”ガイアの法則”をお読みください)から言っても、いま支配者の交代劇が着々と進んでいることに違いはありません。

客家とは中国人であって中国人でない。言葉も「客家語」をもち、東洋のユダヤ人ともいわれてます。北方の漢民族が南下してきたのが客家人のようです。特殊な文化を持ち近代中国形成に大きな役割を果たした民族です。客家精神というのがありますが、次のようなものです。

1)強い団結心

2)進取・尚武の精神

3)文化・伝統保持への自信

4)教育の重視

5)政治への高い志向性

6)女性の勤勉性

客家人は裏切らないことで有名です。中国人社会では「裏切り」や「寝返り」は日常茶飯事です。僕が中国で会社を経営していた時も最も気にかけたのは、人選です。こちらがまっとうに接していても通じないことも何べんもありました。

ところで、周恩来という政治家がいましたが、彼は情勢を見ながら自分の主張は一体どこへやらで、あるときは毛沢東派に寝返り、林彪の力が強いとなるとこれにすり寄り・・・・。彼のあだ名は「風見鶏(中国では”牆上草”)。もっとも日本にも欧米にもこういう人はたくさんいますけど。

鄧小平↑↑が客家人であることは知られています。周恩来の風見鶏的態度は、彼を政界に長生きさせることになったのですが、それとは反対に鄧小平の信義を守る頑なな態度は彼を何度も失脚に追いやったのです。しかし、鄧小平への信用は彼に必ず救いの手を差し伸べています。

客家系秘密結社が力を増して、僕が目指している「正直者がバカを見ない世の中」になればいいです。

客家人の分布は、広東省福建省江西省など山間部に多いと聞いていますが、僕をリクルートしてくれたのも福建の人でした。鄧小平は生まれは四川ですが、ルーツは福建、また客家であったためか話す中国語もだいぶ訛りが強かったと聞いています。なにしろ中国人民大衆の前で演説をするときに通訳がついたほどです。僕も福建に行ったときはまるで聞き取れませんでした。あとになって瀋陽の友人に聞いてみたら、彼も同じく福建の言葉は聞き取れないそうです。

たしかに中国がここまで発展してきたのには「フリーメイソナリー」のお陰もありますが、彼等の動機はたんなる商業主義ではなかったのではいでしょうか?本当に中国を豊かな国にしようと想っていたのか!?功労者は隠居してください。

KOSEI