読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOSEIのブログ

自分の可能性をどこまでも

中国面白体験記その91<中国文化02・民族分類と個人分類>

<中国文化02・民族分類と個人分類>  2016/05/08

僕の仕事は外国人との接点が多いため、他の民族という概念が常につきまといます。僕の場合は中国で仕事をしていた時間が長いので、話はどうしても中国のことになりますが、中国人と日本人は肌の色や目の色は同じなのに、その思考法や生活習慣、商習慣等々違いがとても大きいです。中国に滞在していて時々ふと考えます=「ナゼこんなに違うんだろう?」。

説明はいくらでもあります。たとえば大陸の民族と島国の民族の違い。たしかにこれは大きな違いです、大陸には国境があるけれども国が隣接していて常に侵略の危機に瀕していた。だから大陸の民族は攻撃的である。

たしかに!それに比べて日本のような島国は小さな島で、島そのものが国なので、のんびりしている。だから大陸の人と島国の人は気質が違う。でも日本もその昔は小さいながらも国(藩)に分かれていたわけで、似たようなものがありました。

その点おなじ大陸文化でも欧州の大陸文化と中国大陸とでは違いがあると思います。欧州大陸はそれぞれの主権国家の集まりですが、中国大陸は中国という国家のなかでの区分けされた地域国家(といっても「省」=アメリカで言えば「州」でしょうか)の集まりです。

島国とか大陸性民族とかいった問題もそうですが、問題は何にでも線を引きたがる、いいかえれば画一化したがる人間の性癖です。「だから中国人は人をだますんだ」とか、「日本人は閉鎖的に考える」といったもの。さらにひどいのになると「英国人はロンドンが霧が深いから陰気だ」または「アメリカ人はノーテンキだからビジネスはしないほうがいい」!!

あきれ返ってモノがいえません。中国人でも倫理道徳観が高い人はたくさんいますし、日本人は国際感覚が無くて外国とのお付き合いは苦手かもしれませんが、世界中で活躍している日本人は意外と多いのですよ!アメリカ人でも繊細できめ細かな神経を持っている人はいくらでもいます。

ちなみに「霧の都ロンドン」といかにも情緒豊かな表現ですが、これは大気汚染です。霧は霧でも大気汚染の霧なのです。その中でも特に有名な大気汚染事件は、1952年です。その年はロンドンの寒さは厳しく暖房器具やら発電所はフル稼動。結果ディーゼル車などから発生した亜硫酸ガス(二酸化硫黄)などの大気汚染物質は冷たい大気の層に閉じ込められ、滞留し濃縮されてpH2ともいわれる「強酸性の高濃度の硫酸の霧」を形成したのです。その結果そのときの死者がなんと12000人前後という史上最悪の大気汚染。

だから民族性とは何の関係もありません。ロンドンは産業革命で世界を引率した国ですからリスクも在ったのでしょうね。この事件以外の年もロンドンの空気は汚染されていたそうです。最近は改善されていると聞きます。

一昔前(いまでも国によっては残っているかもしれませんが)ある国では日本を紹介する学校の教科書で、サラリーマンが革靴を履いて二本差しでちょんまげを結って出社する。帰宅すると奥さんが三つ指をついて「お帰りなさいませ」といって出迎える、と書いてあったそうです。我々日本人としては大笑いですが。その国の人にとっては日本はそういった国、ということになってしまっているのです。既成概念(ステレオタイプ)とは恐ろしいものです。

我々日本人も、アメリカは銃の所有が許可されているから、街中でちょっと揉め事があると撃ち合いになって、負けたほうが命を落とすコワイ国だ、などと本気で考えていた人が多かったようです(どうみてもハリウッド・アクション映画の見すぎ)。最近はアメリカTVドラマが数多く日本でも安く見ることができるようになり、アメリカ人の生活を知るようになったため、大きなギャップは少ないとは思いますが、細かいところでは結構違いがあるみたいですね。

お隣の国の中国人の行動にも驚きの連続です。最近中国人の爆買いツアーで問題になったことのなかで、商店で買い物をする時に、買う前なのに商品のパッケージを開けてしまう、というモノがありました。見た後で買ってくれればもちろん問題はないわけですが、開けてしまって中味を確認して結局買わないということもあったりで、けっこうこれも問題になりました。中国の商店に並んでいるものは粗悪品や模造、贋作が非常に多いため、自分の目で確かめるというのは常識になっているのです。お金を消費する側としては当然の権利、というわけなのですが、日本ではその考え方は通用しないわけですね。相手国の常識と非常識をまずよく勉強するべきでしょうね。

そして人にレッテルを貼るのはやめましょう!中国人が皆詐欺師と強盗ですか?それをいうならイスラム教の人はみんなテロリストなのでしょうか?日本人にだって詐欺師や強盗はたくさんいる。民族が悪いのではない、強盗を働く個人に問題があるのです。ユダヤ陰謀説ってありますね?ユダヤ人はすべて地球を乗っ取るために各国政府を動かしているのですか?ナンセンスです。こういった極端なお話を好む人たちがいるから「都市伝説」が生み出され一人歩きしていく。日本は世界中の人と個人レベルで仲良くしていけばいいのです。政治の世界は複雑怪奇で魑魅魍魎が跋扈している世界ですから、あれこそ虚構の世界、ストーリーの世界。どうだっていい。個人同士のつながりを強めて助け合っていく!

↓↓下手をするとこういうことになりかねません。選ばれた人しか救われない?↓↓

 

KOSEI