読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOSEIのブログ

自分の可能性をどこまでも

中国まじない

中国全般 魔術

中国まじない 2016/05/27

日本各地の民間療法を見ていたら、呪術とか迷信というものに突き当てらざるを得ません。そこで今日は少々変わった「中国まじない(魔術=手品のほうの魔術ですね)」をいくつか・・・。どれも他愛の無い化学マジックです。

1)瞬時に金貨を作る法

解説:銅貨一枚を磨きます。すると銅貨が瞬時に金貨に変わります。

秘法:銅貨一枚を指でこすって光らせるのですが、あらかじめ「からしな」をつけた古い塩水を、そっと銅貨に塗りつけると、すぐ金色になります。

2)ヒョウタンを戦わせる法

解説:ヒョウタンを二つ盆にのせます。まもなく互いに打ち合って止みません。別のヒョウタンをひとつ、その中に入れてやりますと、打ち合いをやめます。

秘法:指の大きさほどのヒョウタン二個の中にそれぞれ水銀少量を入れます。一方には鉄くずを膏にまぜて口を封じ、もう一方には性能のよい磁石と膏を使って口を封じます。一緒に盆に入れますと、お互いに打ち合って止みません。水銀をいっぱい入れて膏で口を封じた別のヒョウタンを中間に置きますと、打ち合っていたふたつのヒョウタンは分かれます。

3)夜に化け物を見る法

解説:化け物は気が集まるためで、天が鬼眼を生ずるものではありません。だから普通は見ることはできないのですが、この法を用いると、いつでも見られます。/鬼眼とは化け物を見ることができる眼のこと。俗に浄眼ともいいます。

秘法:カラスの目を水にひたし、左の目の上に塗ります。日に数十回塗ると、夜になって化け物が見えてきます。しかも化け物が持っているものまで見えます。

4)蝶を集めて花間を行く法

解説:春夏のころ、蝶が花をたずねるときは、花園の中は錦の花弁が舞っているような有様ですが、人が近づくと、蝶は遠くに飛んで行きます。そこで秘法を用いて、蝶を招き、人に近づけようとするものがこの術です。

秘法:様々な花の芯を陰干にして粉末にします。それに「ういきょう」と、「じゃこう」を少々入れて蜂蜜と混ぜます。それを手のひらに塗り、風上に立ちます。両手を高く上げて招きますと、蝶は香りを慕って飛んできて、手のひらの香りの周囲を去りません。

時間のある方は試してみては如何でしょうか?

KOSEI