KOSEIのブログ

自分の可能性をどこまでも

魔術実践記★ティアマートの魔導書 2-6 Musussu

魔術実践記

ティアマートの魔導書 BOOK 2-6 Musussu

Description, origin and magical powers

説明、起源、魔法の力  

歴史的な情報源では、ムススは「猛烈なヘビ」と呼ばれ、蛇、ライオン、鳥の一部から構成される複合生物として描かれることもあります。それは様々な神々や神話の登場人物と関連しており、最初はニナズとティスパク、次にニンギシュジダと関連していた。マルドゥクの象徴的な動物としてもよく知られています。 しかし、それは占星術の星座とは関係がありません。初期の描写は、ライオンの頭を持ち、爪を持たないドラゴンとして生き物を示しています。 その後、ライオンのパーツは徐々にヘビのパーツに置き換えられます。 神話では、ムススはもともと蛇の王であるニナズ神に仕えていましたが、恐らくその毒で殺す一種の死の使者でした。これは「大胆不敵な殺人者」と呼ばれ、非常に強烈な存在です。

魔術の儀式の中で、ムスス/ムッス [Musussu] は修行者には女性の人間の形で現れ、死神と死の原理に関連し、血と性的エネルギーを食べている吸血性の実体として現れます。彼女は通常、黒いコウモリのようなドラゴンまたは翼のある蛇として来ます。彼女は修行者に、影のアストラル体を変形させ、レイス、つまり眠っている人の生命力を吸い取ることができる翼のある吸血性実体としてアストラル面を飛ぶ能力を与えます。これらの特徴は、サキュバスまたはインキュバスの性質、月の暗い側に存在する吸血鬼、ガマリエルのクリフォト的な天球に似ているため、このクリファへの接続の可能性があります。夢とビジョンの中で、彼女はサバトの生き物、悪魔、角のある悪魔、夜の生き物を伴って登場し、乱交のお祝いや血まみれの犠牲のイメージを刺激します。ムスス/ムッス [Musussu] への必須の提供物は、個人の生命力に富む物質 - 性的な液体と血液です。

レイス [wraith]: (死亡直後の人の)亡霊,幽霊、あるいは生霊

Musussuには、ミラーから出現するレイスと黒い影が付属しており、壁にちらつきの反射を投げかけます。彼女は、地面の下の洞窟やトンネルの曲がりくねった迷路から生じた黒蛇ですが、彼女はまた、黒い顔をした死の運び手でもあります。彼女の上半身は人間のような形をしていますが、人間のようには見えません。彼女の肌は黒く、青みがかった黒っぽく、口は血で滴り、舌は突き出ており、空腹の顔をゆがめている。彼女の歯は非常に細く鋭く、蛇に変身すると牙に変わります。墓地の墓石、霊廟や地下墓地などの、墓地や埋葬地での性的エクスタシーに惹かれ、死と性の本質によって力が発揮されます。彼女はネクロフィリアの魔術を主宰し、エロト・ネクロマンティックの夢を刺激します。黒いフード付きのローブを着て、黒檀の指に大きな黒い鏡をかざしたレイスの骨格で彼女に会うこともできます。この形で、彼女は死者を支配し、故人を冥界から連れ帰り、鏡を通して顕現させます。羊皮紙に自分の血で死んだ人の名前を書くことで、彼らが来ても構わないと思っていれば、鏡に別の魂を呼び寄せることができます。

ムスス [Musussu]の召喚は、生と死のエネルギー、エロスとタナトス(生の本能に対する、無機物の不変性に帰ろうとする死の本能-衝動-のこと)のほろ苦い結びつきとしても経験されます。蛇は修行者を噛み、巻き付いて覚醒させ、エロチックで恍惚とした原初の蛇の力を上昇させます。身体は昏睡状態のトランス状態に置かれ、心は他人の生命の本質に対する飢えで満たされます。血は蜜のように甘いようで、酔わせると中毒性があります。そのため、精霊は吸血鬼と霊媒術の練習、月の魔法の仕事、またはアストラル戦争で使用できます。精霊のシンボルは額に塗るか、または投影する必要があります - それは第三の目を開き、アストラルビジョンに役立ちます。

ムスス [Musussu]との有頂天の交わりでは、地下トンネルを通って滑空し、壁を歩き、小川や川と一緒に泳ぎ、時間を越えて、未来でも過去でも任意の瞬間に移動できます。「malefica: マレフィカ」と呼ばれている作業では、ムススは心臓を攻撃し、温かい中心部をごちそうし、まだ鼓動している間に血を飲みます。彼女の力は、個人のエンパワーメントの儀式だけでなく、敵対的な魔術にも使用できます。

喚起

儀式は、低いささやき声で悪魔の名前を唱えながら、自分の血で印章の線をなぞることから始まります。 これが完了したら、儀式の刃の上に数滴の血を置き、夜の鍵を鏡の上の空中に描きます。鏡は力が現れるための焦点として機能します。キーがどのように輝き、反対側のエネルギーを神殿に引き込むかに焦点を当てます。この瞬間、あなたはあなたの性的液体を提供し、そして異次元を通して儀式の意図を送るべきです。生命エネルギーの犠牲はまた、顕現に力を与えることができます。召喚を始める準備ができたら、喚起の言葉を唱えます:

            私は弱者の心を喰らう猛烈な蛇を呼ぶ

            私は影の王国を支配する夜行性のレイスを呼ぶ!

            ムススよ、私はあなたを召喚し、あなたはこの寺院に現れる!

            忘れられた墓地や墓から立ち上がり、

           洞窟の迷宮と地の隠されたトンネルから!

            夜の黒海から来て

            香の煙が渦巻いて

            壁に影が身悶えするように渦巻いている。

            そして、あなたの原初の蛇の力は私の目の前に立ち、

            私はくすぶる目で催眠状態で凝視する!

            私は夜の門を開けて

            あなたを呼び起こすための、死のメッセンジャーを、

            死の錬金術と性の魔術のダーク・イニシエーターを!

            影の翼の上に立ち、

            口から滴り落ちる血と原始的な空腹感、

            来たれ肉の饗宴に!

            私、...(あなたの魔法の名前)は、あなたを呼ぶムスス、

   来たりて顕現したまえ!

            わがもとに来たりて、私の仕事を手伝けしたまえ、

            私が成し遂げようとしている、

   私の欲望の実現を私に与えてたまえ、

            これは……(儀式の意図・目的を述べる)である。

            私の意志が行われるであろう!

            世界の境界で、夜の鍵を外し、ゲートを開けてあなたを呼ぶ

            私はドラゴンの本質である私の血の力によってあなたを呼ぶ

   そして私はあなたをドラゴンの名で呼ぶ、

            私はティアマートの名で、あなたを呼ぶ!

            Ho Ophis Ho Archaios (ホー・オフィス・ホー・アルカイオス)

            Ho Drakon Ho Megas!(ホー・ドラコン・ホー・メガス)

 鏡を見つめて、悪魔の名前を唱えます。繰り返しになりますが、これは「シューという音」のように低く、官能的なささやき声で行われます。煙から形成され、赤く光る印章を視覚化します。鏡が反対側の世界への生きたポータルになる方法に焦点を当てます。ムススの儀式に特に関連するツールは、黒い水っぽい鏡です。黒い門で目に見える形をしている、または祭壇の上にある煙を通して現れる霊を見るとき、実体とコミュニケーションしてください。これが完了したら、悪魔に感謝し、次のことばで作業を終了します:

    ドラゴンの名の下に。

             これは私の意志である。かくあれかし!

 ムススは喜んで来ますが、どちらかというと一時的な、束の間の不安定な形で現れます。煙の媒体を介して彼女を呼び起こすことをお勧めします。寺院の雰囲気は、木炭の上で燃えた香、それも穏やかな樹脂の香で最も濃くする必要があります。彼女は蛇の形で、また彼女はレイスと影を伴ったコウモリの翼を持つ蛇のように見えます。彼女の目は催眠力を持っており、彼女は官能的で魅惑的なリズムで動き、修行者を酔わせるトランス状態に入れます。彼女はまた、半分は女性、半分は蛇として現れ、煙の雲、そして黒い炎の舌、ワイルドでシューという形で現れます。彼女はレイスのようにスモーキーですが、髪の代わりにヘビや触手が頭を巻いているメデューサにも似ています。彼女は煙に形を変えることができ、この形で、彼女は各界層と次元を旅します。本来ムスス [Musussu] は実践者に催眠術をかけ凝視させて、それは麻薬のように犠牲者の力を麻痺させ、排出するために使用されます。彼女の力は吸血鬼であり、彼女は血と生命エネルギーを食べます。中毒させる時には、彼女は犠牲者の胸と腹を引き裂き、鼓動している心を食い尽くし、母であるティアマトに内臓を提供します。そこで、実践者の血液や性液以外に、犠牲者の心が胸から裂かれた、生命エネルギーの供え物として生き物の犠牲を彼女は求めるかもしれません。

呼び出し

悪魔の印章に自分の血を数滴置いて儀式を開くか、その血を使って悪魔の絵文字の線をなぞります。血まみれの儀式の刃で、目の前の夜の鍵を祭壇の上に描き、それがお香の煙の雲から形作られ、赤い光で輝き始め、神殿の中で恐ろしいほどに輝きはじめます。しばらくの間、精霊の印章を凝視し、悪魔の名前を低く唱え、囁きながらささやき、絵文字がムススのエネルギーによって活性化される様子を感じてください。神殿の雰囲気が満たされたら、召喚の言葉を唱えます:

    私自身のエッセンスであるドラゴンの血によって

            そして夜の鍵で

            私はムススを呼ぶ!

            猛烈なヘビ!

            恐れ知らずの殺戮者!

            我がもとへ来たれ!

            感覚のエクスタシーに揺れ動き身もだえする夜行性のレイス!

            幻影と夜の魔物と共に、

            官能的な怒りと恐ろしいほどの魅力で。

            私の周りに巻きついて、催眠術のような凝視で私の魂を突き刺し、

            私の肉を噛み、原始的な聖体拝領で私の血を飲みたまえ!

            私は体を黒い炎で燃え尽くすように提案する、

            あなたの生きた顕現として現れるために!

            先の尖った舌で私の魂を突き刺し、

            そして、あなたの蛇のエッセンスで私の静脈を満たす!

            私の呼び声を聞いて、私のもとに来たりたまえ!

            私の欲望を呼び覚ます!

            夜の翼を旅する力を私に与えたまえ!

            私の敵の肉をあなたに与える!

            彼らの心を裂き、彼らの魂をむさぼり食う、

            彼らの力を取り除き、彼らの重要な本質を奪う、

            そして、息を切らせて水気を失くしておくように!

            この肉の神殿に入る

            あなたの焼き尽くす影で私の魂を燃やす、

            そして、夜の欲望のエクスタシーで夢を酔わせる!

            私はドラゴンの名で、あなたを呼ぶ!

            Ho Drakon Ho Megas!(ホー・ドラコン・ホー・メガス)

 シジルが描かれた羊皮紙が燃やされ、煙の媒体を通して提供されたときに、異界の界層を介してあなたの呼びかけはムススに届きます。

次に、視覚的な瞑想かあるいは、ムススとの直接の交わりの鍵となる性的エクスタシーによって、あなたは自分自身でトランス状態に入ってください。エクスタシーがあなたを枯渇の門に連れて行くでしょう、そしてあなたの魂が肉の境界を越えて上昇するとき、あなたの意識は精霊の本質と融合します。この時点で、あなたはビジョンを自由に流れさせ、聖体拝領を楽しんで、悪魔の力を探検することができます。

これは今やあなた自身のものです、あるいはあなたは特定のターゲットにエネルギーを集中することができます。ムススは、アストラル吸血鬼と夜行性の猛獣の形で夜を旅する芸術の優れた教師です。

他の蛇の霊と同様に、彼女は世界と次元の間の形の変化と滑空の予知の鍵を握っています。彼女は攻撃的で血に飢えているが、魅惑的でうっとりするほどである。禁欲の儀式の中で、彼女は、命を奪ったり痛みを与えたりすることへの道徳的な拘束とためらいを殺し、取り除く方法を教えています。彼女は血に対する飢餓、生命のエッセンスを呼び覚まし、殺人の思想や欲望や性的衝動を刺激します。

もしもマレフィカ [malefica: 悪の] の作業で彼女のエネルギーを使用したい場合は、彼女の力を呼び出して、犠牲者の周りに渦巻く黒いヘビの形で自分自身を想像し、犠牲者が無力で反撃することができない催眠トランスを誘発します。

次に、彼らの胸を裂き、彼らの心を食い尽くし、あなたの敵の生命力を飲みます。喜びとエクスタシーに心を奪われ、暖かい生命の本質が太陽神経叢に集まり、全身に広がる様子を感じてください。

作業を終わらせたいときは、通常の意識に戻り、精霊に感謝し、儀式を閉じてください。

瞑想:黒蛇の神殿

黒い壁、黒い床、黒い天井のある小さな寺院にいる自分を想像してください。翼のある蛇の周りに普通の蛇の彫刻があり、蛇の生き物の銀の絵もあります。寺院の中央には、蛇の形をした噴水があります。精霊の名を唱えながら、あなたの手で水に触れると、水が急速に流れ始め、神殿に浸水してきます。しばらくすると、寺院全体が水で満たされ、噴水からの蛇の像が生き生きとなり、生きている黒い蛇に変わります。水は透き通っており、帯電していて、とても冷たい。蛇はあなたの周りに巻きつき、出血しなくなるまで何度もあなたを噛みます。あなたの生命の暖かさは、噛むたびにあなたからなくなり、最後に蛇があなたを噛むまでのことを、あなたはあなたの第三の目で観ます。

ドリーム・ワーク

以下は、ムススの本質に心を開き、精霊に触発された夢を引き起こす2つの瞑想です。眠りにつく前に、悪魔の印章をじっと見つめ、その名前をひっそりとした声で唱えます。どちらの作業にもプライマリ・シジルが推奨されます。霊の存在を感じたら、目の前の夜の鍵をなぞって、夢の呼びかけの言葉を唱えます:

       ティアマトの名の下に

               地獄の深淵の黒い海をかき混ぜる

              そして私は夜のベールを持ち上げ

              覚醒の世界を超えた謎に目を向ける。

              母の名において、

              私は夢と悪夢を通して、私のガイドであり、

              仲間である、ムススを呼ぶ。

              夜の鍵で私は夢の国へのゲートウェイを開き、

              そして私はドラゴンの腕で休むことを求め、

              影のベールを超えた夢の中で

              忘れられた寺院や儀式の場所での、

              内なる闇に出会うことができる、禁じられた儀式に参加する。

              ゆえにかくあれかし!

 シジルを枕の下に置きます。ベッドに横になって、精霊のシンボルでドアを視覚化します。シンボルが光る様子を想像し、ドアがどのように開いていき、そしてあなたが歩いていくかを確認してください。しばらく次のいずれかの視覚化に焦点を当て、夢の中でビジョンを続けるという意図に焦点を当ててから、眠りに落ちましょう。

 サバトでのネクロマンシー(死霊魔術)

ドアを通り抜けるとき、夜に古い墓地にいる自分を想像してください。それは彫像と装飾された墓石、石の地下室と霊廟がある美しいゴシック様式の墓地です。しかし、それは忘れられ、見捨てられているようです。建物やモニュメントが崩れ始め、ほこりやクモの巣が石を覆い、墓地全体が濃い白い霧で覆われています。

 突然、遠くから歌声が聞こえ、霧の中から幻影の行列が出現するのに気づきます。彼らはミサに行く長いローブの僧侶のように見え、冷たいスペクトルの光で輝くキャンドルを握っています。行列は大きな黒い霊廟に向かって歩きます。 あなたは彼らに従い、建物に入ります。ミサは、彼の顔を覆うヤギの仮面をかぶった裸の司祭によって行われます。彼の胸には、黒い翼のあるヘビの大きな入れ墨があります。まるで伝統的なブラックミサの幻想のように、裸の女性が祭壇の上に横たわっています。

しかし、すべての参加者は幽霊です。式典のクライマックスで、司祭は短剣を犠牲者の胸に突き刺し、聖杯を血で満たし、聖餐を回し飲みします。あなたは他の参加者と一緒にそれを飲み、エリキシルがあなたの意識をどのように変えるかを感じることができます - あなたは感情が喚起し、興奮します。それは精霊に取り憑かれているように感じます。司祭はあなたを見て、聖体拝領に参加するようにあなたを招待します:すべての参加者が脱衣し、恐ろしい乱交が始まります。幽霊、スケルトン、ゾンビ、腐敗した死体だけがあります。それらに参加して、眠りに落ちている間、ビジョンが自然に流れるようにします。

黒い湖

暗い森の中の、暗い真っ黒な湖の岸に立っている自分を想像してください。夜間で上空には満月が見えますが、日食のように、または太陽の光を反射しない暗い面を見ているように、とても暗くなっています。夜の闇の中で彼女の名前をささやくか叫んで悪魔を召喚します。

しばらくすると、湖から生き物が出現します。彼女は部分的に人間ですが、彼女の顔は青白い悪魔です。彼女の目は赤く光っており、彼女の口は血を滴らせています。彼女は黒くて強い風を含んだローブを着ています。悪魔はあなたの目をまっすぐ見ながら、あなたに向かって歩いて来ます。彼女の視線は鋭く、痛みを伴い、肉体が変化してくるのを感じることができます。

あなたは悪魔と同じ生き物に形を変えます。口の中で、あなたは血の味を感じることができます。それは、あなたにとって最も素晴らしい蜜のように甘いようで、あなたはより多くのことを求めています。

悪魔はあなたが彼女を追うように誘い、彼女は湖の黒い海に姿を消します。同じようにあなたも水に入ると、それは普通の水ではなく鏡とアストラル界へのポータルであるということが判ります。眠りに落ちている間、この感覚に集中し、本能と空想とのビジョンと夢を通してあなたを導きましょう。

Draconian sigil of Musussu

ティアマートの魔導書 BOOK 2-6 Musussu 終

ティアマートの魔導書 BOOK 2-7 Basmu へ続く

 

 

魔術実践記★ティアマートの魔導書 2-5 Musmahhu

魔術実践記

ティアマートの魔導書 BOOK 2-5 Musmahhu

 

Musmahhu


説明、起源、魔法の力

ムスマフはティアマトのモンスターの蛇グループに属しています。歴史的な情報源では、この実体はほとんどの場合7頭のヘビまたはドラゴンとして描かれ、ヒドラの星座で識別されます。 このため、ムスマフは神のニンギシダとも関連しています。その称号の1つは「大蛇 - ドラゴン」で、4本の脚すべてを歩く角のある翼のある蛇 - ドラゴンとして頻繁に描かれていました。

魔法の作品の中で、Musmahhu [ムスマフ] はいくつかの形態を想定しており、すべてが精霊の蛇のような性質の特徴を示しています。悪魔は、目を顎に持っている盲目の角のある蛇、または額の中心に目がある片目の蛇、または頭の代わりに頭蓋骨とらせん状の角を持つ蛇のように見えます。目は赤くまたは黄色に燃え、または輝き、第三の目の力と内視力に関連しています。時々、目はダイヤモンドのように見え、宝石のような形をしています。ダイヤモンドは精霊の燃えるようなエネルギーで輝いているかもしれませんが、本質的には黒で、ティアマトの子宮で悪魔が生まれた虚無の絶対的な黒さを反映しています。同様に、Musmahhu [ムスマフ] を呼び出す実践者は、ダイヤモンドのような形をした目のグリフのビジョンを持っているかもしれません。それは創造の原初の火花から虚無に生まれたすべてを見通す目です。精霊との交わりは、知覚の感覚の境界を拡大して超越する第三の目の脈動感覚をしばしば伴う。

Musmahhu [ムスマフ] は女性らしい自然の実体であり、喚起の儀式ではしばしば女性の形で現れ、下半身は蛇の形をしています。彼女はアストラル中毒の力を持っています。彼女の毒は致命的かもしれませんが、魔法の防御と免疫のためにも使用できます。呼び出されると、彼女は心に入り、実践者にアストラルシェイプシフトのスキルを与えます。かつて、実践者はヘビになり、宇宙空間の高さまで上昇したことがありました。一方では、彼は知識の木を登るクモになるかもしれませんし、別の場合には、咲く木の花からジュースを飲む蝶になります。修行者のアストラルフォームは激しくなり、精霊のエネルギーも同様に激しくなります。木や庭の概念は、Musmahhu [ムスマフ] との作業中に得られたビジョンだけでなく、修行者が蛇の女神に出会うことができるアストラルの世界への入り口のように見える地球の暗いポータルまたはトンネルにも反映されます。彼女は野生の風景、忘れられた森と隠された洞窟に住んでいます。彼女のシューという音は、実践者を黒い森の中から捨てられた儀式の場所へと導きます。彼女の顎は地球の洞窟であり、彼女の歯は鋭い岩であり、彼女の食道は地下トンネルです。したがって、それらは、Lilith qlipha、つまり最低のクリポティック(クリフォト的)レベルであり、反対側へのゲートおよびポータルとして機能します。

喚起の儀式では、彼女の到着は空中に現れ、火で光っていたり、血がしたたっている印章によって予告されています。寺院は煙の雲で満たされており、蛇や七頭ヒドラの形をしています。彼女は顎を開き、トーチのように輝く目を明らかにします。 彼女は、ヘビのアストラルの形の次元を形を変えたり、飛んだり、滑ったりすることについての夢を刺激します。呼び出されると、彼女は実践者の周りに巻きつき、内部の光のエクスタシーに彼らを貪り、彼らを肉の境界を越えて連れて行きます。彼女の謎は内なる目で見る芸術です。彼女の失明した眼は視界の限界と体感覚の限界を表しています。彼女は実践者の第三の目で休む原初の火花を点火し、人間の知覚のベールを越えて存在するそれらの感覚を目覚めさせます。

Musmahhuの眼(盲目の大蛇の目

喚起

悪魔の名前を唱えて、血で印章の線をなぞってください。 次に、儀式の刃の上に数滴の血を置き、それを使って鏡の上の空中の夜の鍵を引きます。キーが輝き始め、反対側のエネルギーを神殿に引き込む方法にしばらく焦点を合わせます。次元の界層を通して儀式の意図を送って、生命エネルギーまたはあなたの性的体液の提供をしてください。これが完了したら、喚起の言葉を唱えます。

私はあなたを呼ぶ、目を見る必要の目を持つ盲目の蛇よ、

私はあなたを呼ぶ、七頭のドラゴンよ、

あなたがこの寺院で顕現するために、私はあなた、ムスマフを召喚する!

地球の内部から立ち上がり、

暗い洞窟や忘れられた森で眠りから目覚めようではないか!

あなたの顎からの有毒な蒸気が付いてくる、

そして、あなたの燃えるような視線の火でこの寺院を照らしたまえ!

夜の門を開けて

わたしはあなたを呼ぶ、原始的な虚無の強大な蛇!

ダークでパワフルな秘められた黒き炎、呼吸する火、

古代人の言語による秘訣のシューという秘密

星からやってきた七匹の蛇

そして忌まわしき地の底から。

私、...(あなたの魔法名)は、あなたムスマフを呼ぶ、来たりて顕現したまえ!

我がもとへ来たりて、我が作業を手伝いたまえ、

私が成し遂げようとしている、我が欲望の実現を我に与えたまえ、

我が意図するところは次の通りである。

(・・・・・・・ここで儀式の意図を述べる)

我が意志が行われますように!

私はあなたを呼ぶ、ゲートを開け、

そして世界の境界を外す夜の鍵で

私はドラゴンの本質である私の血の力によってあなたを呼ぶ、

そして私はドラゴンTiamatの名で、

あなたを呼ぶ

In Nomine Tiamat

Ho Ophis Ho Archaios (ホー・オフィス・ホー・アルカイオス) 

Ho Drakon Ho Megas!(ホー・ドラコン・ホー・メイガス)

注釈:

*Nomine: ラテン語の「名前」

*Ho Ophis: ヘビ(ophis)は、「話しかけたもの(ho phes)」つまり、かつてエバに告げた者の意に解される]。

*Archaios: 古代の

*Drakon: ドラゴン

さて、悪魔の名前を唱えながら鏡を見つめてください。シジルが光り、滴る血を視覚化し、鏡が向こう側への生きた入り口になる様子をご覧ください。黒いゲートウェイで形が結晶化しているのが見えたら、エンティティ(この場合地獄の実体)と通信します。あなたの意図は悪魔にすでに知られています、そして彼女はあなたが望むものをあなたに許可するかもしれません、あるいはあなたはこの操作をさらに進める方法に関する特定の指示を受け取るかもしれません。コミュニケーションが終了したら、悪魔に感謝し、次の言葉で作業を終了します。

ドラゴンの名の下に

これは私の意志である。かくあれかし!

ムスマフ [Musmahhu] は、最初は、エネルギーの渦巻きとして現れ、ヘビまたはヘビの頭の塊にシフトします。緑のリンの霧の蒸気は、密集して窒息している有毒な繭に修行者を覆い隠します。より具体的な形で、彼女は茶色と緑の色の盲目の蛇のように見え、半分は女性、半分は蛇に変わります。彼女はまた、彼女の体に蛇が巻かれた裸の女性のようにも見えます。彼女はエジプトのように黒い肌、濃いアイメイク、ストレートの髪をしています。彼女は修行者の周りに巻きつき、第三の目を活性化し、アストラルシーイングの技術を教えます。 悪意のある魔法のワークでは、彼女は毒を犠牲者の第三の目へ吐き出し、人を失明させ、灼熱の苦痛の中で頭から全身に広がる灼熱の痛みを引き起こします。

呼び出し

悪魔の印章に自分の血を数滴置くか、その血を使ってグリフの線をたどります。 血まみれの儀式の刃を使って、あなたの前の祭壇の上にある夜の鍵をたどってください。そしてそれが燃えるようなドラコニアのエネルギーで神殿を輝かせ、力を与えると想像してください。しばらくの間、精霊の印章を見つめ、悪魔の名前を唱え、グリフの線が生きていてムスマフ [Musmahhu] のエネルギーで輝いているのを感じます。神殿の雰囲気が満たされ、召喚を始める準備ができたと感じたら、次の言葉を唱えます:

私自身のエッセンスであるドラゴンの血によって

そして夜の鍵で

私はムスマフ [Musmahhu] を呼ぶ!

盲目の蛇!

七頭ヒドラ

原始混沌の子宮で眠りから目覚めたまえ!

来たれ!炎の舌で。

そしてあなたの強烈なとぐろで私を抱きしめて、

牙をむいて私の肉をはかり、

私の肉にするりと滑りこませ、

そして、私の魂を内側から浸透させる。

ベールと幻想が透けて見えるように目を覚ます!

地球の黒い穴から立ち上がる

蛇、サソリ、毒虫の住居から。

私の呼びかけを聞いて、我がもとに来たりたまえ!

私の敵の心と体を毒する力を私に与えたまえ!

彼らの目に毒を吐き、彼らが私を見ないようにし、

彼らの魂を喰らい、

そして、彼らを燃えるような苦しみの中で叫び続けさせる!

ムスマフ [Musmahhu] よ、わがもとに来たれ!

あなたの蛇のエッセンスの器として、

私は私の体を提供する。

この肉の神殿に入る

あなたの原初の飢えによってわが魂を燃やしたまえ、

そして、力と卓越したビジョンで私の夢を酔わせる!

私はドラゴンの名で、

あなたを呼ぶ!

Ho Drakon Ho Megas!(ホー・ドラコン・ホー・メガス)

シジルと一緒に羊皮紙を燃やし、異次元の界層から煙が出て、悪魔と一体となりたいというあなたの願いを伝えましょう。次に、精霊のエッセンスにより感動するように自分自身に対してオファーします。これは、性的エクスタシーで行うことも、視覚的な瞑想によって行うこともできます。その瞑想を通じて、トランス状態に入り、ムスマフ [Musmahhu] があなたの感覚を引き継ぐようにします。あなたの魂は、肉の境界を越え、悪魔の本質によって力を与えられます。この瞬間に、あなたはビジョンを自由に流れさせ、聖体拝領(霊体との融合)を楽しみ、霊が彼女の力の使い方を教えるようにします。また、特にあなたが悪魔の働きにこの力を使いたい場合は、特定のターゲットに、現在あなたが命令する悪魔のエネルギーを集中させてください。悪魔の形で自分自身を想像し、意識を彼女の本質と融合させてください。

次に、犠牲者を思い描き、蛇の形で、毒を目から吐き出して盲目にします。犠牲者の首を噛み、血と生命力を引き寄せて、この感覚(有頂天的で活気に満ちた)と気持ちをお楽しみください。作業を終了するには、平凡な意識に戻り、精神に感謝し、儀式を閉じます。

瞑想:蛇の洞窟

快適な姿勢で座りあるいは横になります。夜間際の暗い森を想像してみてください。あなたは森の奥深くに通じる狭い道に立っています。遠くから蛇のシューッという音が聞こえ、近づくように誘い、暗い森の小道を案内します。歩いていると、シューという音が大きく明瞭になり、不思議な方法で理解できる声に変わります。それはあなたに話し、あなたをさらに導きます。

しばらくすると森は終わり、雄羊の角に似たらせん状の角を持つ巨大な蛇に直面します。蛇は盲目であり、彼女の眼窩は空であり、彼女の額の中心に一つの激しい目が燃えています。 「ホー・ドラコン・ホー・メガス」という言葉で彼女を歓迎します。この瞬間、蛇は変形し、風景の一部になります。

彼女の巨大な顎は今や洞窟への入り口です。中に入ると、入り口が獣の口のように後ろに閉まり、まるで蛇の食道にいるかのように感じます。目の前には長いトンネルがあり、その先には炎のような光が見えます。トンネルを歩いていると、地面の上に身もだえている多くのヘビに気づき、空気がますます帯電していきます。

各ステップごとに、トンネルは狭く、小さくなり、すぐに、はまるようにクロールする必要があります。同時に、トンネルは活気付いてきてきて、変化していきます。あなたの人間の手足は消え、蛇に形を変え、別の次元にすべり落ちます。ようやくトンネルの端に到達し、蛇の形で反対側を這うと、完全に新しい場所にいます。周りを見回して、風景を探索します。ビジョンが自由に流れるようにします。ビジョンを終わらせたいときは、通常の意識に戻してください。

ドリームワーク:死者の街

寝る前に、精霊の名前を唱えながら、ムスマフ [Musmahhu] の印章をじっと眺めてください。使用できるのはムスマフの印章または死者の街の印章です。 悪魔の存在を感じたら、目の前の夜の鍵をたどって、夢の召しの言葉を唱えます:

ティアマットの名の下に、

アビスの黒い海をかき混ぜる

そして私は夜のベールを持ち上げる

覚醒の世界を超えた謎に目を向けること。

母の名において、

ムスマフを私のガイドと夢の仲間と呼ぶ

そして悪夢。

夜の鍵で私は夢の国へのゲートウェイを開き、

そして私はドラゴンの腕で休むことを求め、

時を越えて孤独な土地へ私を連れて行く夢の中で

暗い空想に出会う死者の街へ。

かくあれかし!

次に、枕の下に印章を置きます。ベッドに横になって、精神のシンボルでドアを視覚化します。シンボルが光り始め、あなたが通り抜けられるようにドアが開きます。しばらく以下の視覚化に焦点を合わせてから、夢の中でビジョンを続けるという意図に焦点を当てた心で眠りに落ちましょう。

ドアを過ぎると、あなたは非常に古い街の通りにいます。数世紀前の風景のようです。家は古く、誰からも顧みられてなく、壁は苔で覆われ、レンガは周りに散らばっていて、腐敗の悪臭で空気は厚くなっています。通りは空っぽです。最初は、周りに誰も見えないですが、そのうちに、遠くにいる人や、ひとり・・・・、また別の人などに気づきます。彼らはゾンビのように非常にゆっくりと歩きます。朽ち果てた雰囲気が漂い、不思議な墓地を歩いているような気分になります。通りには人や動物の骨や頭蓋骨が横たわっています。あなたは他の家から際立って大きな建物に向かって歩いて行きます。それは巨大な墓地の霊廟のようです。

ドアにはムスマフの印章のシンボルがあります。ドアの側面には、暗くて長いフード付きのローブを着た骸骨のように見える警備員がいます。自分で服を脱ぎ、服を渡してください。完全に裸になったら、寺院に入ります。あなたが眠りに落ちている間にビジョンが自由に流れるようにし、あなたはあなたの夢の中でその場所を探検してください。

死の街のシジル

ムスマフのドラコニアン・シジル

ティアマートの魔導書 BOOK 2-5 Musmahhu 

ティアマートの魔導書 BOOK 2-6 Musmahhuへ続く

 

魔術実践記★ティアマートの魔導書 2-4 TIAMAT

魔術実践記

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-4

開始の儀式

もしあなたが上級の実践者(プラクティショナー)の場合、口頭での呼び出しをスキップして、その中で上昇するドラコニアのエネルギーに単に集中することを選択できます。または、このグリモワールで提供される呪文をあなたの個人的な言葉で置き換えて、 儀式を行うこともできます。ただし、このアイデアに満足できない場合は、ここに提示されているとおりの正確な呪文を使用することをお勧めします。

ドラゴンの呼び出し

私は原初の水の

偉大なるモンスターである

ドラゴンを呼び出す!

最初の母とすべての創造と破壊の源!

海のモンスター!

地のドラゴン!

偉大な火の蛇は雷と稲妻とともに来たる!

その息は砂漠の荒風であり、

そして、栄養豊富な淡水のそよ風!

虚空の竜、

一日の終わりに太陽を飲み込む者!

暗黒の水のドラゴン、

夢の海をかき立て

そして真実を求める欲望を燃やす!

偉大な黙示録の大竜

私はあなたを名前によって呼ぶ:

Tiamat! Leviathan! Lotan! Tannin! Yam! Nahar!

Rahab! Behemoth! Tehom! Hubur! Theli!

七の頭をもつ蛇!

さあ来たれ!

内から首をもたげて!

あなたの不朽の炎を我が肉体に宿らせたまえ!

あなたの永遠の火で私の魂を造りかえたまえ!

夜の門を開けて

そして、カオスの子宮に降りて、

竜の血で生まれ変わるために

私の体はドラゴンの肉であり

私の血はドラゴンの生命力であり

私の魂はドラゴンの炎である

夜の闇の中で永遠に燃える!

そして、私はすべての世界とすべての次元を通して私の意志を宣言する!

エネルギーの流れに対する意識を開き、脊椎の基部に眠るドラゴンの力が、基底から脊柱を通って第3の目まで上昇することに焦点を合わせます。そして、突然、自分のすべての既存のものと、幻想が粉々に破壊され、ドラゴンの火によって焼かれます。炎の竜の形をしたオーラを想像してみてください。 背中から翼が伸びているのを見てください。 頭頂部を押し上げて流れるエネルギーを感じてください。ドラゴンの火が内部と外部でどのように発生するかを視覚化します。あなたはドラゴンであり、原初の不朽の海流の生きた現れです。これは強力で有頂天的な気持ちです。

このドラゴンフォームの前提により、このグリモワールのページに記載されている儀式や操作を開始することができます。

ティアマトの召喚

黒のキャンドル、赤ワインのチャリス、儀式用の刃を用意します。 ろうそくに火をつけて、自分の血で印章の線をたどり、重要な物質がどのようにシールを活性化していくかを視覚化します。あなたの第3の眼(ここでは額でよい)にも血を一滴垂らします。

マントラウンム・ティアマト、ウンム・フーバー」を唱えながら、しばらくシギルに集中する。神殿の雰囲気が濃くなってきたら、儀式の刃によって「夜の鍵」の形を空中に描きます。そして、祈りの言葉を唱えます:

        闇の母よ、

        悪魔の女王と忌まわしき大地、

        あなたは渦巻く抱擁の中に宇宙を持っている、

        あなたのものは夜の王国への鍵である、

        あなたの時代を超越した本質は世界の魂である、

        あなたの血はすべての生き物の生命力である

        あなたは光を飲み込み、夜のベールで世界を覆う、

        あなたの子宮の中に黒い炎が生まれる。

        あらゆる時間よりも古い

        創造と破壊の火よ

        古代のドラゴンの女神よ、

        無から立ち上がりたまえ!

        Ho Ophis Ho Archaios(ホー・オフィス・ホー・アルカイオス)

        Ho Drakon Ho Megas!(ホー・ドラコン・ホー・メガス)

 地面から立ち上がってあなたの周りで踊る炎の形をした黒い影を想像してください。あなたの周りを包み込み、あなたの体に浸透し、あなたの肉と魂と一つに融合する酔わせる蒸気で寺院を満たします。 儀式を続ける準備ができたら、呼び出しの後半を唱えます。

             我がもとに来たれ、ティアマト!

             私はあなたの原初の本質の神殿として私の肉を提供します!

             私はあなたの無限の力の祭壇として私の魂を捧げます!

            モンスターたちの母、

             影のある羽根に身を包み、

             この儀式スペースをあなたの黒火で満たしてください、

             あなたの血を通して私に力を与え、

             燃える息で私の魂を持ち上げて、

             そして私を星に昇らせてください。

              夜の門を開けて

              空の中心であなたに会えるように

             それぞれの考え、欲望、願いが永遠になる場所。

             破壊して創造する力を私に与え、

             燃えるような息吹で世界を燃やすために

             そして、あなたの肉と血からそれらを新たに形作るために。

             すべての魂の母、

             あなたの黒い水の王国の鍵を私に与えたまえ

             錯覚を通して見ることができるように私の魂の目を開けて、

             知識と力のために私の欲望を呼び覚まし、

             神性の欲望を喚起し、

             そして、あなたの黒い炎で内側から私を焼き尽くし、

             そして永遠に私の心の奈落を燃やす

             イルミネーションは光の中ではなく、暗闇の中にあります。

 巨大な真っ黒な海に囲まれた自分を想像してみてください。水は最初は静かですが、あなたの呼び出しが界層を介して上昇するにつれて、それらも同様に攪拌して上昇します。目に見えない海岸に打ち寄せる波の音が聞こえ、寺院の空気は電気で満たされていきます。

    神々の母よ!

    私はあなたのエネルギー、あなたの人生、あなたの無限の本質を求めている!

    私はあなたに私の存在に入るよう呼びかけます!

    カオスの深淵であなたの血の遺産を主張します!

    暗闇の中で私はあなたの永遠の腕の中で休むことを求めます!

    ティアマト! 目を覚まして立ち上がりたまえ!

    私はあなたの不滅の血を飲み、その代わりに私自身を提供します!

この時点で、あなたは自分の血を女神に捧げる必要があります。それを印章に落とし、次に羊皮紙と一緒に焼き、夜の門から虚無の国へと召喚を起こさせます。聖杯からワインを飲みながら、ティアマトの溶けるようなエッセンスで満たされていくのを感じてください。黒い炎はあなたを内側から燃え尽くし、あなたはドラゴンの血を通して生まれ変わり、力を与えるために変容していきます。

しばらくこの気持ちに集中し、次の言葉で呼び出しを終了します:

               私は古代の道の放浪者である、

              歩く時、竜の体を踏みつけ、

              寝るときはドラゴンの腕の中で休んで

              私の魂が飛ぶとき、それはドラゴンの息吹に上昇し、

    私の体はドラゴンの肉であり

    私の血はドラゴンの顎からの液体の火であり、

    私の魂はドラゴンの子宮で生まれた。

    ドラゴンの目で夜のベールを突き刺し、

    そして私は永遠を見つめる

    私の意志が一人で存在する場所。

    見ることは知ることである

    体験することは理解することである。

    死んで覚醒することは神になることである。

    私はすべての心の中心で燃える黒い炎であり、

    私は引き渡し、そして貪り食う、

    私は神殿と祭壇であり、

    私はドラゴンであり、

    私はティアマトである。

 ティアマトの黒い海に溺れ、溶けていく自分を想像してみてください。女神とのつながりを感じ、ドラコニアの力が上昇して内部からあなたを燃え尽くしていくにつれて、あなたの魂を体から解放させてください。聖体拝領が終了するまでビジョンが自由に流れるようにします。以下に示す瞑想を通じて、トランス状態をトレースできるようになります。

瞑想

快適に座るか横になります。再び黒い海を想像してみてください。水の轟音と波が押し寄せる音が聞こえます。 突然、水が周囲から寺院に注ぎ始めます。黒くて厚い水です。あなたは溺れています。 動くことも呼吸することもできません。あなたは窒息し、水がすべてを覆うと、すべてが黒くなる。思考、感覚、感情などが粉々になり、あなたの心は完全に空になります。水は温かく、子宮の中にいて、物質を安全に育てる水に浸されているような心地よい感覚です。

突然、あなたは持ち上げられ、あなたは水上をホバリングしていることに気づきます。 彼らはまだ残っています。 あなたはもはや肉体の中にいるわけではなく、純粋な意識として存在しています。海は平らではありません。 まるで繭のように宇宙全体を取り囲んでいます。そして中央には、虚無、空があります。ここでは、あなたの意志だけの力で物を作ることができます。また、自分の作品を破壊することもできます。あなたは、無限で永遠のプライマルドラゴン意識を持つ人です。

この体験を探検してください - ドラゴンの目を通して見たときの気持ち、ドラゴンであることがどのようなものか。

エネルギーの交わりが終わったら、通常の意識に戻ります。

 

The Sigil of TIAMAT

 

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-4 終

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-5 へ続く

 

 

魔術実践記★ティアマートの魔導書 2-3 補足&体験談

補足項目と体験談

 

BOOK2 003までで、儀式に必要な様々な道具や心構えに関しての説明は終わりです。次のBOOK2 004から「開始の儀式」の記述が始まります。

BOOK2 004では、ドラゴンの呼び出し→ティアマートの召喚→瞑想という順序で進んでいきますが、BOOK2 005から順次、各11柱の悪魔の召喚が始まります。ここで注意が必要なのはかならずティアマートの召喚を最初にやるということです(毎回という意味ではないです)。その後に11 柱の魔神の召喚を手掛けてください。

実行を志す方は、夫々の方の過去の経験もあるでしょうが、まずはこの魔導書に書いてある通りに行ってください。その後自分のスタイルを取り入れてもいいと思います。例えば、逆五芒星形等の配置はこの魔導書には書いてないですが、御自分がなんとなく逆五芒星形がないと落ち着かないというのであれば、通常のポジションに配置してかまいません。僕もルシフェリアン魔術の形式を取り入れています。

必要な物に関して:この魔導書に書いてあること以外にも僕の体験から必要と思われるものを補っておきます。また、この魔術に慣れていない方にとっては茫漠としたものがあると思いますので、僕の体験談をお話しします。

 

補足事項と僕の体験談:

補足事項

1)祭壇の向きは北側とあります(魔術師は北側の祭壇に顔を向けることになる)。しかし絶好のポジションが確保できない場合は多少はズレてもいいと思います。僕の祭壇も東北向きです

2)キャンドル/黒あるいは赤、黒だけか赤だけ、または両方とあります。僕は黒のキャンドルを使っています。補助として白い通常の(仏具屋さんで売っている)ローソク

3)香:1.煙の量、2.燃焼時間、3.匂いの3つが主な判断基準です。煙の量が多いという意味では「樹脂(resin)系」が向いていますが、その中でも僕はフランキンセンス香(Frankinsence Tears/フランクの香Frank-Insence)を使っています。煙の量もさることながら匂いも重要な判断要素です。他の樹脂系の香はちょっと匂いに問題があったりします。その他にも「Celtic Blend」という商品名で販売されている香がありますが、これもおすすめです。4種類のresinがブレンドされています。また「ドラゴンの血」という香も手元にあります。これは匂いがいいです。燃焼時間もそこそこ。

4)剣:僕の剣は手作りの剣です。金物屋で買ってきた純粋な「刃」の2枚抱き合わせた非常にゴツイものです。もちろん普通のアサメも持っていて使い分けています。

5)ブラック・ミラー:これはソロモン王の魔術で三角形の中に置く丸い円形のブラックミラーと役目は同じです。アクリル板を黒スプレーしたもので充分です。

6)ボウル:シジルを焼くときに使います。魔術グッズの販売会社で買うと非常に高いです。僕は100円均一で買いました。

7)その他アクセサリー:その他といってもこれらは自分の意識を変性させるための雰囲気づくりには必須です。ドクロ、イメージ画、エレクシル、鈴(ヒンドゥー)etc....術者のオリジナルです。

*使っているエレクシルは、フランスの「ELIXIR VEGETAL」。僕が作業をしているのは、このようなシンプルな祭壇です(以下の画像を参照)。

注意:上の画像でのキャンドルは黒と白の2種類を使っていますが、呼び出す悪魔によってはここに赤いキャンドルが加わります。

儀式の流れ

僕はこのティアマートの召喚を何回か行っています。そしてごく最近ですが、その子供である11柱の魔神のうちの1柱を選び、召喚を行いました。

僕自身の術式の流れですが、まずルシフェリアン魔術の「カインの召喚」をおこなう。これはソロモン王の魔術の「五芒星の小儀礼/大儀礼」と形は似ています。また、時間的な置かれている位置も似ていますが、その目的はまったく違います。なぜなら、通常言われている「魔を防ぐ/浄める」のではなく、魔を強く呼ぶために加勢を頼んでいるのです(僕の勝手な解釈ですが)。

詳しくはBOOK2 004以降に詳述してありますが、自分の血でシジルをなぞるところから儀式は始まります。その後悪魔への呼びかけを行うことにより、ブラックミラーから悪魔がこちらの世界に入り込んできます。そのためブラックミラーはある程度の大きさが必要です。

 

要注意:

自分の血を提供することによって、魔術師の生命力は落ちます。それを補うために生き物の血を使うことをこの魔導書では勧めています。さきほど僕は「魔導書に書いてある通りに行って」といいましたが、悪魔の中には「生物(動物です)の生贄」を要求してくるものもあります。この部分は学徒自身の判断にお任せします。僕はペットが好きで(飼っていませんが)、生き物を殺すことには抵抗を感じますので、生贄はパスです。また、屠殺後間もない動物の死骸というモノも先進国では容易に入手できません。とはいうものの生き物の生体とその血液には大きなパワーが含まれていることは確かであると思います。結果的に自身の血液を使うのがその中間の妥協点ということになります。自分自身の血液を使うだけでも大きな効果が見られます。しかし、自分自身の生命力の落ち込みを防ぐために僕は、儀式を行っている期間中は通常時よりも特殊なサプリメント等を採ることによってカヴァーしています。

 

*** なお自分の血を採る場合は、「個人用採血セット」が廉価で販売されていますので、ネット検索してみてください。各人の好みにも依りますが、僕は「ニプロ株式会社」の製品を使っています。指先から採血するのですが、瞬間チクっとするものの大きな痛みはないので安心して利用できます。採血の後は消毒をして雑菌による感染を予防します。

 

鏡(ブラックミラー)の中を覗き込み向こうの世界とコンタクトを取る作業がありますが、そのときには目に力を入れる必要はないので、リラックスして自分が疲れない状態で鏡を見ます。すると自分でも予期しなかったものが見えてくることがあります。僕の場合は毎回ブラックミラーの中に悪魔の像を確認します。現れる色は薄いブルーの炎とともにか、あるいは真っ赤な炎と共に、蛇体をうねらせた悪魔です。

魔導書の記述通りに行えば、悪魔が鏡を通じてこちらの世界に出てきます。霊的な視力のある方はこの悪魔を、3次元の世界のモノと同様に見ることができますが、霊的な視力がない方は普通に見ていたのでは見えません。でも香の煙が瞬間的にドラゴンに見えたり、儀式中、キャンドルの蠟がいきなり妙な形で流れ落ちてきたりします。また、儀式が終わった後にはかならず体調に変化をきたします。幻覚や幻聴が起きたりします。意識が何らかの変調をきたしているためです。

僕の場合、特に自分の血液を使った場合には顕著なものが現れます。

話し声や時には僕と誰かが対話を行っていることに気付きます(寝起き寸前が多い)。

また小さな昆虫が時々机の上を歩き始めます。なぜこれが幻覚かというと、ティッシュを出してつぶすのですが、ティッシュの中からは何も出てこないのです。いちど、ゴキブリぐらいの大きさの虫(ではなく黒い影であって形はない)が音響をともなって瞬間白い壁を走ります。殺虫剤をかけますが反応は一切ないのです。しかしよくよく考えると1秒ぐらい瞬間的にあらわれるゴキブリなどはいません。テレポーテーションそのものです。

⇒僕は魔界の低級霊(下っ端の悪魔)が入り込んできていると解釈しています。

物が動く音が多くなります。

体調/僕は体中が何かに締め付けられるように激痛が走りました。ほおっておけばいつまでも続きそうなので鎮痛剤を飲んで抑えました。僕はGOETIAはかなりの回数をこなしており、昔から魔術が終わった後は自分の身体がフワフワとしてマユにくるまれているような感覚に襲われますので、車の運転などはしてはいけません(危険です)。

外へ出るとおおよそ5メートル後方の上から呼ばれたこともありました。普通の日本語ではなかったです。僕も仕事がら英語と中国語は話せますが、そのどちらでもなく、言葉というよりもうめき声のような呼びかけ声でした。

その他の影響:

周囲の人が活気づいてくる:特に僕と関係が深い人が元気になってきます。また僕の本業の方も活気づいてきます。

*リハーサルの重要性:いきなりぶっつけ本番で儀式を始めるのではなく段取りをまとめて事前に何回も何回もリハーサルをしたほうがスムースに儀式は進みます。リハーサルの回数が多いほど、失敗の回数は減ります。その意味においては最初から血を使った儀式は行わないほうがいいでしょう。

黒魔術師を志している魔術学徒の修練度合等の各人の条件がそれぞれ違うので、何とも言えませんが、以上は共通の注意点です。

今後また思い出したことがあれば更新します。

KOSEI

 

魔術実践記★ティアマートの魔導書 2-3

魔術実践記

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-3

 

クリポティック・スター

クリポティック・スターは、すべてのティアマトの子供たちの力を保持しています。11の悪魔の神々のシジルで構成されており、中心に夜の鍵があります。 それは、儀式を行う部屋の中でドラコニア海流の力を解き放つための鍵です。 星は黒い表面に金色で刻まれるべきです。Current(水流,潮流,海流;[空気の] 流れ)を物理面で接地するには、木材などの固体材料が必要です。特定の儀式には特に必要ですが、エネルギーを流し続けて神殿に力を与えるために、祭壇の上にも配置する必要があります。 儀式の後、それは黒い布で覆われて置かれるべきです。

*クリポティック: クリフォト(Qliphoth)的な

仕事の道具

儀式用の刃はほとんどの儀式で必要であり、通常は仕事で使用する刃を使用するか、新しい刃物を入手してこの仕事のために特別に奉献することができます。 これは、短剣、刀、またはあらゆる種類のナイフです。 しかし、それは肉を切り、儀式に必要な血を引くのに十分鋭利でなければなりません。このため、単純な狩猟用ナイフは、実用的ではない装飾的な目的でのみ設計されている豪華なアサメよりも儀式的な道具になります。儀式の流血のためにかみそりや針を使用することもできますが、これはすべて個人の選択の問題です。 ただし、血をこぼして命を奪うために使用されるブレードは、装飾が施された短剣よりも、夜の門の後ろからエネルギーを引き寄せるのにはるかに優れた媒体であることを覚えておいてください。

すべての儀式では、霊と神の印章が必要になります。時々、それらはエネルギーを導くための焦点としてのみ機能します。他の仕組みでは、それらは焼かれなければなりません。常に悪魔神の主要な印章を使用する必要がありますが、追加の印章とグリフも、それらのパワーへのゲートウェイとして機能する場合があります。準備の仕方は個人の選択に任されています。実用上の理由から、儀式の最中に焼かれたこれらのシールは、白い紙に黒いインクで描いた単純な絵になることがあります。黒と白の印章は瞑想の目的にも適しています。ただし、より豪華な形でシールを操作する場合は、黒、赤、金色のみを使用することをお勧めします。黒の背景のゴールデンシールまたは赤い羊皮紙の黒のグリフは、これらの儀式で最もよく機能します。紙よりも固い素材を使用する場合は、木材にペイントすることもできますが、これは必須ではありません。最後に、すべてのサインと印章は、血液または生体物質と混合されたインクで描くこともできますが、再び、儀式自体に血液を使用して、作業前に準備された印章の線をたどる方が良いです。

このグリモワールで説明されているすべての儀式には、シジルを焼くあるいは薫香するための、木炭、お香、キャンドル、炭を入れるための容器も必要です。

大量の煙を出す天然樹脂 (resin) 系の香、あるいはハーブのブレンドの香を木炭の上で焚くことをお勧めします。濃い煙は、精霊が現れ、目に見える形に形成するための優れた媒体です。ドラゴンの血は特にドラコニアンマジックに関連していますが、強力で強い香りを持つ他のタイプの香も役立ちます。キャンドルは赤か黒、またはその両方でなければなりません。儀式を実施するのに必要な数だけ明るくしてください。 自分の自発的な言葉でそれらを置き換えることを選択しない限り、印を見たり呪文を読んだりするのに十分明るいはずです。そうすれば、象徴的な光源だけが必要になります。儀式場も黒と赤で装飾し、他の色はできるだけ少なくする必要があります。

喚起の儀式で使用されるもうひとつの特定のツールはミラーです。ナイトサイドのエネルギーがテンプルに流れ込み、あなたの意図がアストラル界に運ばれるゲートウェイ異世界への生きたポータルとして機能します。鏡は、物理的な平面上の夜の門を表しています。それは夜の鍵で開けて活性化することができ、霊が目に見える形で現れるための強力な器になることができます。この作業に特に推奨されるミラーは、単純な黒いミラーで、滑らかで反射しない表面を持ち、儀式でそれらに快適に焦点を合わせるのに十分な大きさです。鏡のサイズと形は常に個人の好みの問題なので、実践者の選択に任されています。ただし、このグリモワールの精霊がいくつかある場合は、黒い水の鏡が必要になります。

黒い液体、インク、黒に染めた水などを入れた単純な黒い容器で作業を行うことができます。また、適切なゲートウェイと焦点を提供するのに十分な大きさである必要があり、この作業のために特別に奉献され、他の目的で使用されるべきではありません。ティアマトのすべての子供たちは彼女の黒い海とつながっていて、水っぽい物質を介して呼び出すことができますが、それらの中には、他の状態の物質よりも水を好む人もいます。特定の精霊の説明では、それらを単純な黒い鏡に呼び出すか、水面から呼び出すかを指定しています。儀式の準備を始める前に、これらの説明を注意深く読むことを強くお勧めします。

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-3 終

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-4 へ続く

 

 

魔術実践記★ティアマートの魔導書 2-2

魔術実践記

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-2

 

Evocations

喚起

喚起の作業では、精霊は、エネルギーの焦点として機能する領域内で、選択された媒体を通じて目に見える形で現れるように呼ばれます。これらの特定の儀式では、媒体は線香の煙であり、顕現の領域は鏡です。ただし、ティアマトの子供たちの本質は特定の空間に収めるには広すぎるため、儀式の部屋全体でそれらの症状を観察する可能性が高くなります。彼らは鏡に最初の姿を現してから、濃い線香の煙から目に見える形をとることができます。あるいは、鏡の入り口を流れて祭壇の上や寺院の他の場所に現れることもできます。

しかし、彼らは儀式の終わりまで門の中にとどまることはめったにありません。保護サークル(魔法円)は役に立たない。これらの強力なエンティティを差し控える境界はありません。彼らの圧倒的な本質と起こり得る危害に対する唯一の保護は、ドラゴンの召喚によって点火され、魔術師の魂の中で燃えるドラコニアの火です。

この本に記載されているすべての魔法の操作をドラゴンの力を呼び覚まして開き、この原始的な力自体を手に入れることを強くお勧めします。ドラゴンの召喚は、ティアマトの召喚と彼女の無限のエッセンスとの融合、またはすべての原始的な存在の主で指揮官であり、マイティイレブン(11柱の悪魔群)の上に立つキングーの召喚によって置き換えることができます。

原始の悪魔の神々はその性質が不定形であり、どんな形や形をとることもできます。時には触手、頭、目の無形の塊として現れ、コミュニケーションや人間の感覚により適した形で現れるように特別に要求する必要があります。彼らはまた、顕現するために大量のエネルギーを必要とします。このため、血液または性液のいずれかを提供する必要があり、多くの場合、両方の組み合わせになります。喚起の儀式の後で、少なからず大いに消耗して疲れ果てたと感じるのは自然なことであり、それを避ける唯一の方法は、生物の犠牲を捧げることです。これは物議を醸す慣行であり、多くの実務家によって敬遠され、それを儀式に含めるかどうかは個人の選択に任されています。悪魔の神々が彼らのグノーシスを顕現させて伝えるために犠牲は必須ではありませんが、彼らのいくつかは、仕事を続けるために、命の提供、大量の血液、または特定の身体器官を彼らに与えるよう公然と要求するかもしれません。これらのエンティティ(実体)を選びそれに呼び出してかける前に、このことを認識しておく必要があります。

悪魔の神々とのコミュニケーションは心の中で起こりますが、一部の人は口頭で話したり、印章やグリフ、視覚的なイメージを使ってメッセージを伝えたりすることもできます。 彼らはしばしば、具体的な物理現象、音、香り、味を伴います。 寺院の温度が変化し、空気が帯電します。 彼らはナイトサイドの秘密を明らかにし、夜の門を越えての旅のガイドとして役立つように頼むことができます。 彼らは、アストラルの形を変える技術を教え、霊的な体を強化して強力な防御を構築する方法を示します。

また、選択したターゲットに呪い、病気、攻撃を与えることもできます。 このグリモワールで提供されているスピリッツの特徴には、自己開始型の錬金術や悪戯の作業における彼らの力の説明や、彼らの実際の応用の記録が含まれています。

呼びかけの公式には、血でシジルを活性化すること、名前を唱えることで霊を召喚すること、性的な液体や生命エネルギーを提供することで顕現のための物質を提供すること、口頭での活用の言葉を暗唱すること、鏡を通して実体のビジョンを求めること、そして 儀式の意図について彼らと通信する。精霊は、あなたに贈り物を与える前に、追加の犠牲や供物を求めるかもしれません。これは、操作を続行するために実行する必要があります。儀式の後は、来てくれたスピリッツに感謝し、ドラゴンの名で彼らを解任するべきです。

Dreamwork

ドリームワーク

ティアマトの永遠の水は、眠りの扉からもアクセスできます。夢は無意識の現れであり、夢を見ている状態で、私たちは夜の門を旅して、目覚めの世界の向こうにある忘れられた領域を探索することができます。この作業は、夢のコントロールの高度なスキルと、昏睡状態の明晰さで肉の門を越えて移動する知識が必要です。

しかし、適切な実践と体系的なトレーニングがあれば、夢の国の領域は献身的な実践者なら誰でもアクセスできるようになります。

寝る前に、選んだ霊の印章(シジル)を準備し、必要に応じて自分の血でそれを強化し、しばらくの間それに集中し、同時に悪魔の名前を唱えます。夜の門を介して精霊のエッセンスと心がどのようにつながっているかを実感し、実体が作業を行っている場所に存在していると感じたとき(他の儀式のための寺院として機能する部屋で夢の仕事を行うことを強くお勧めします)、あなたの前で夜の鍵をたどって、エネルギーの流れに力を与え、夢の召しの言葉を話します。シジルを枕の下に置き、横になって、表面にシジルが刻まれたドアを視覚化します。シジルが生気を持ってきたら、あなたが歩くことができるように、眠りの扉を開けましょう。悪魔神の説明では、選択した精霊に触発された夢を誘発するために使用できる適切な視覚的瞑想が見つかります。あなたが上級の夢の旅行者であるなら、あなたは精霊を呼んで、提案された瞑想に従うことなく、あなたを旅に連れて行きたいと思うかもしれません。どちらの場合でも、夢の中でビジョンを継続し、忘れられていた夜の門の背後にある領域を探求するという意図に心を向けてください。

The Gates of the Night

夜の門

ドラゴンの女神ティアマトの潮流は、冒涜の目から隠されているナイトサイドへのゲートウェイを介してアクセスできますが、この原初のグノーシスを求める人々が開くことができます。

これらのゲートは、ドラゴンエネルギーを肉の門に呼び出すと表示されます。クンダリーニの蛇のドラコニア軍が背骨の基部から立ち上がり、脊柱を上って霊的中心を活性化させると、ドラゴンの目が心の中で開き、知覚の幻想が打ち砕かれます。すると、内面の目で、周囲の現実の亀裂、ブラックホール、奇妙に見えるドアや窓、またはエネルギーで光るスポットを見ることができます。これらのポータルは、ナイトサイドの領域と心をつなぐ夜の門です。それらが開かれると、原始的なドラコニアン海流に浮かんでいる世界と次元の間のこれらのゲートウェイを通り、闇の心臓、ティアマトの子宮、病気の生命の原始的な源とすべての兆候に旅することができます。

同様に、海流が夜の門を通って神殿に流れ込みます。神殿には、潮流が動くための儀式のスペースがあります。このドラコニアのエネルギーの流れは、神殿に力を与え、その保護を強化し、ナイトサイドの実体が物理的な平面上に出現して形成するためのエネルギーを提供します。また、魔法の儀式を通して召喚された霊や神々は、神殿やあなたの意識の中で顕現するために、夜の門を通ってやって来ます。

The Key of the Night

夜の鍵

以下に提供されているのは、夜の門を開き、ナイトサイドの暗い道を照らすキーです。ドラゴンの女神の子宮であるヴォイドの暗闇の中で、それは聖火のように輝き、肉の門を通り抜ける魂の内なる火によって点火されます。それは、光の源であり、ドラゴンの道を導く炎です。グリフの目は、ベールと錯覚を通して見えるドラゴンの目を表しています。トライデントは、流れの起源と、虚空の最初のドラゴンによって作成された原始の神々を象徴しています。

夜の鍵は、外側または内側のゲートウェイを開く必要があるときに描画されます。召喚の儀式と、霊を目に見える形に呼び起こすときに使用します。また、夢の国への門を開き、目覚めの世界を去るときに夜のベールを持ち上げます。

それは、ドラゴンの力の発動によって力を与えられる修行者の血で覆われた儀式の刃でなぞられます。人間の血の中に含まれているドラゴンの血が、夜の門を開き、内なる世界とない世界を結びつけるのです。

キーを、エネルギーの焦点として機能する祭壇の上にあるエーテル(祭壇の上の空間と捉えればいいでしょうKOZE)、または開けたいゲートウェイの中心にトレースする必要があります。キーがどのように輝き、ナイトサイドのエネルギーをテンプルに引き込むかを想像してください。 儀式の空間と心の中で、夜の門が開かれるのを見てください。反対側のドラコニアのエネルギーがあなたの魂に流れ込み、あなたの意識と融合する様子を感じてください。神の発祥の地であるナイトサイドの領域への旅で、キーをガイドスターとして輝かせましょう。あなたの欲望の内なる炎に火をつけ、それは世界の交差点で燃え、精神的な進化の道を開くために使用することができます。

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-2 終

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-3 へ続く

 

 

魔術実践記★ティアマートの魔導書 2-1

魔術実践記

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-1

The Children Of Tiamat

ティアマアトの子供たち

f:id:exarp:20210205080522p:plain

作業について その方法

このグリモワールで紹介されている精霊を使って作業を開始する前に、儀式に必要な基本的なツールと方法に慣れる必要があります。ここで説明する手法は、このGnosisに固有のものですが、他の魔法の仕組みでも使用できます。ドラコニアンマジックは、固定された構造や確立された伝統を超えて、個人的で、ダイナミックで、用途が広く、個人の体験を高めます。挑戦し、疑問を持ち、破壊し、新たに創造するというのがその特徴です。

この本で紹介されている作業方法は、このGnosisで作業するための1つの方法にすぎません。実際、実践者と同じ数のアプローチがあります。これは、現在に生き続けている方法であり、ドラゴンの原初の本質が世界に存在し、人間の意識の中に大宇宙の反射として小宇宙が存在します。

したがって、ティアマトとその子供たちとの作業中に明らかにされたグノーシスは、原始的なドラコニアの神々の知識と力を求める人々の間で広がり、繁栄するはずです。現在の再覚醒のイオンでは、ドラゴンが忘却の深淵から生まれたとき、人間は古代の可能性を主張し、星に昇るのを恐れるべきではありません。

呼び出し

召喚の儀式では、精霊のエッセンスが肉の寺院に召喚されます。それは、エネルギーが既成概念を焼き尽くすことで内面から上昇します。自己内の抵抗は、これらの原始的なエネルギーの溶解する性質によって、押しつぶされて消滅します。エゴは解消され、残りは魂の生のエクスタシーであり、肉の門を越えて分解され、ティアマトの子宮で生まれ変わり、そこからドラゴンの女神の黒い火によって浄化され、力を得ます。

ティアマトの子供たちの性質は原始的で不定形です。彼らの蔓のように伸びている触手は、稲妻のようにあなたの体を内側から突き刺し、スピリチュアルセンターを貫通し、それらをドラコニアンエネルギーで化学反応を起こさせます。 その憑依したものは、しばしば苦痛で性的であり、苦痛と喜びの苦い甘味の混合物です。

全体としてエネルギーの交わりを体験するには、自分を神殿、祭壇、そして魔神の本質の器として提供する必要があります。この目的のために、特定の自己溶解テクニックを使用できます。そこで、性的エクスタシーなどの感覚を高め、エネルギーの吸収のためにそれらを開くこれらの練習を採用することをお勧めします。性的エネルギーは、精神的な実体を求めて飢えているドラコニアンの本質に近づく優れた手段です。基本的なエロティックな習慣から高度なサドマゾヒスティックな儀式まで、あらゆる種類の性的テクニックが、魂を消耗の境界に、さらにはドラゴンの子宮に連れて行く意識の移行に適した条件を提供します。

血は完璧な媒体でもあります。ドラゴンの力がバイタルエッセンスの中に含まれていて、魂の門の鍵だからです。すなわち、流血は生物を枯渇させるため、内側と外側のゲートウェイを開き、エンティティ(実体)が出現するためのチャネルを提供することために絶対に必要であるため、できるだけ多くの生体物質を使用することをお勧めします。

また、アルコール、薬物、幻覚剤などの心を変える物質も避けてください。これらの方法は、さまざまな魔法の働きに役立ちますが、この特定のタイプのGnosisでは、意識を麻痺させ、経験を制限するだけです。ドラコニアの神々の原初の変容する本質はそれ自体で魂を体を超えて持ち、純粋な所有のエクスタシーによってそれを高めるのに十分です。

召喚の儀式と招魂の儀式の両方において、肉と魂の門への鍵は、悪魔神キングーの遺産である実践者の血、ドラゴンの原始的な実体です。それはグノーシスの本質であり、魔術と霊的錬金術の最も重要な道具です。召喚の儀式は、儀式の刃に血を載せて開かれ、封印を活性化するために使用されます。

血まみれの儀式の刃を使って、キーであるグリフ(glyph: 象徴)をなぞって夜の門を開き、竜の潮流を神殿に引き込みます。血は神の内にも外にも使われる必要があります。精霊は、彼らの名前を唱え、血で描かれたりトレースされたりしてシジルに心を向けることによって呼ばれます。作業前に、ペンキやインクで血液を混ぜたシールを準備することもできますが、儀式自体の間に血でグリフの線をたどることも強くお勧めします。ティアマトの本質、ドラゴンの予備的な呼び出しで目覚め、点火される原始的なドラコニアの火花を吹き込むと、生命力のある物質はより強力になります。 

肉体の門は一度開くと、再び閉じることはできません。呼び出されたエネルギーはあなたを内から変容させ、あなたの精神的な中心を再構築し、永遠にあなたの魂と融合します。ドラゴンの原初の流れに身を任せると、それはあなたの人生に流れ込み、根本からそれを変えます。召喚の儀式で召喚されたエネルギーは、保護とエンパワーメントのためだけでなく、破壊と虐待のために使用することができます。内面から現れる神と霊の力はあなたが命令するものであり、ターゲットに向けることができます。精神的な肉体を強化し、自分の周りに保護シールドを作り、内側の目を開いて内側のビジョンを強化したり、魂の錬金術によって意識を変えたりするなど、自己発動の目的でそれらを使用することを選択できます。しかし、これらのエネルギーは、保護目的または敵対的な魔術の仕事のいずれかのために、他の人に向けることも可能です。ティアマトの子供たちは、死のエネルギー、悪意のある有害な魔法の非常に強力なキャリアです。彼らは不幸、衰弱、病気の持ち主です。

また、彼らは冷酷な吸血鬼でもあり、ターゲットの生命力を食べ、体が空の殻になって、体が空になるまでそれを排出します。 ただし、それらはまた、非常に無秩序で無定形であるため、焦点を合わせて制御することが困難になります。これらの実体によってもたらされる破壊的な魔法の影響は、犠牲者とそのすぐ近くに現れます。

言い換えれば、彼らはターゲットだけでなく、周りにいるすべての生き物にもヒットします。 あなたがこの力をコントロールして指揮するのに十分な力を持っていない場合、彼らは簡単にあなたを攻撃するかもしれません。 考慮しなければならないもう1つのことは、これらのエネルギーがあなたの世界の意識と認識に強く影響するということです。彼らは魅惑的であり、彼らは忌まわしい、嫌がられ禁じられているすべての欲望と楽しみを扇動します。

嫌悪感を覚え、わくわくし、所有の儀式で、魂が堕落した本質と融合すると、日常生活では通常はできないことを完全に実行できるようになります。人間の意識は取り残され、あなたはあなた自身の原初の人になります。これは、弱い心を狂気と強迫観念に容易に駆り立てる体験です。

このグノーシスは万人向けではありません。そしてそれは、道楽半分に事をする人、不信心者、詐称者(ふりをする者)、弱々しい人、狭量な(器量の小さな)人、または小さな心の人のものではありません。それは魂の真の力、高揚、進化を求める人々のためのものです。

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-1 終

GRIMOIRE OF TIAMAT / ティアマートの魔導書 BOOK 2-2 へ続く