読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOSEIのブログ

自分の可能性をどこまでも

心霊現象?<祈祷師奮闘記>

魔術

祈祷師奮闘記  2016/06/02

祈祷師という目に見えない世界を相手にしていると、時として不思議な現象に出くわします。

10年ほど前でしたが、ある「探偵さん」がご相談にみえました。この探偵さんを話の都合上「Sさん」と呼びましょう。ご相談内容は、奥さんが家を出てしまって帰ってこないので何とか呼び戻してほしいというのです。僕は復縁魔術をかけたわけですが、1ヶ月ほどで無事に奥さんは帰ってこられました。

その後Sさんは非常に喜んでくれて自分の家の夕食に僕を招待してくれたりで大歓待です。そういうように依頼者の方と個人的に親しくなることは余りありませんので、いい機会と思い奥さんに聞いてみました。奥さんは術をかけられた側なので、どういう心理的な変化が発生するのだろうという興味もあり、またその後の何かの参考になると思って聞いてみたのです。

僕は祈祷師だということを伏せておいて「なぜ奥さんは返ってくる気持ちになったのですか?」と聞いたのです。するとご本人は「なんとなく返りたくなったからです」というお返事で、まあそんなものかな、という感じでした。

しかし今日の本題はそこではないのです。しばらくおふたりは仲よく結婚生活を送っていたのですが、奥さんがなんと再び失踪したのです。そのときのSさんの落胆ぶりは、傍から見ていても本当に心が締め付けられるようで、僕まで心が苦しくなったものです。

そして・・・、一応僕は復縁祈祷を再度実行したのですが、ある日・・・・。なんとSさんは自分のマンションの17階から飛び込み自殺をしてしまったのです。あのときの僕の驚きと放心状態は尋常ではなかったです。さて事件が起きたその日か次の日かは忘れましたが、僕の住んでいる家で怪異現象がおきたのです。

急に僕の家の前に車が停まった音がしたそうです。そして車のドアを閉める音、僕の家のドアを開けて入ってくる音と人の気配。そのときは家族の者が在宅していましたが、みな聞いているのです。そして2階の僕の書斎兼鑑定室に向かって階段を上って行く足音。2階の僕の書斎のドアを開ける音。家族全員が聞いているのです。しかし書斎にはいったきり、出てくる気配はなし。それらの音を家族全員が聞いていたにもかかわらず、そのとき僕はじつは家にはいなくて外出していたのです。

家族の者は「お父さんが帰って来たのかと思った」というのですが、よくよく思い出すと、車のエンジン音が違うというのです。僕が乗っていたのは国産のホンダ車です。ところがそのときのエンジン音はスポーツタイプのゴツイ音だったと家族の者は口をそろえていうのです。そして足音、ミシミシと階段がきしる音・・・。それからほどなくして僕が帰宅して初めて家族の人間は「アレ、お父さん?またいつの間に出かけたの?」という。

事の次第を聞いて僕には思い当たる節がありました。Sさんの家にご馳走に行ったときにも、夜遅くなってしまい小腹が空いたので、僕は僕の車で、Sさんは自分の車で近くのファミレスに行ったのですが、そのときに彼が乗っていたのは外国製の珍しいスポーツカーでした。僕の家に訪ねてきたのはSさんの魂魄であったのでしょう。亡くなってからも相談に来られた。頼りにされていたんだなぁ・・・・、と嬉しかったですが、心の中で合掌しご冥福をお祈りしました。

KOSEI