読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KOSEIのブログ

自分の可能性をどこまでも

中国面白体験記その53<中国の生活_注意事項2>

<中国の生活_注意事項2>  2016/03/27

観光でも仕事でも広い中国を歩き回ると足が疲れます。そういうときはなんと言っても中国マッサージをお勧めします。中国語では「按摩」ですね。この按摩ですがこれにもピンからキリまであります。安いところでは1時間全身マッサージで30元(500円ぐらい)前後の店です。しかしこのようなお店は店の中があまりキレイではないし、按摩師のウデもよくありません。しかし按摩師の技術の良し悪しという意味では、店の大きさにもよりますが、あまり関係ないこともあります。つまり小さな店にも時々上手なウデの良いマッサージ師がいたりするのです。しかし大方はキチンとした店にはそれなりの技術を持った人がいますね。大型のマッサージ店はとても大きく2階、3階まであり、多くのマッサージ師が仕事をしています。入り口でマッサージ師の写真と経歴が開示されていて、マッサージ師を指名できるところもありますが、上手なひとはいつ行っても中々指名ができないものです。しかし料金も高く、なかなか敷居がたかいものです。全身マッサージで1時間最低でも100数十元とられます。

しかし総体的にみて技術の高い按摩師を探すのは難しいです。たまたま飛び込んだマッサージ店でよいマッサージ師に当たったときは「ラッキー!」と思って、名刺をもらっておいた方がいいですね。そしてしばらくはそのお店に通い行くたびにそのマッサージ師を指名してあげれば、本人とも心が通じ合いよりよいマッサージをしてくれます。マッサージ師は女性の方が多いのですが、本当の実力者は男性です。女性のマッサージ師はどうしても筋力が弱いせいか、もうちょっと強く押してもらいたい、というときに最後の一押しが効かないのです。もちろん女性のマッサージ師にも有能な人がいて、力も強くテクニックも優れている人もいます。結局は色んなところでマッサージを受けてみないとわからないということでしょうね。

KOSEI